NPO法人CALSネット熊本
トップページCALSネット熊本とは?CALS/ECとは?電子納品について電子入札についてTDB電子認証サービスTypeAについて関連リンク集ダウンロード
会員ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
CALS/ECとは?
CALSイメージ図

  CALS/EC(キャルスイーシー)は、「公共事業支援統合情報システム」の略称であり、従来は紙で交換していた情報を標準に基づいて電子化すると共に、インターネットを活用して公共事業に関連する多くのデータベースを連携して使うことができる環境を創出する仕組みです。

 具体的には、公共事業の調査・計画、設計、入札、施工及び維持管理の各事業段階で発生する図面・地図や書類、写真等の各種情報を電子化し、インターネットを利用して、関係者間及び事業プロセス間で効果的かつ効率的に情報を交換・共有・連携できるようにするものです。これにより公共事業の業務プロセス全体の改善、合理化が期待されます。
【目的】
 公共事業の入札手続きを透明化し、健全な競争を促進して品質の向上を目指すとともに、成果物を電子化することで様々な業務を効率化し、コスト削減につなげる目的を持っています。将来的にはこのシステムへの参加が公共工事受注の前提ともなるため、CALS/ECへの本格的な対応が急がれています。

【CALS/ECの三要素】
 CALS/ECは『情報の電子化』、『通信ネットワークの利用』、『情報の共有化』の三要素より成り立っており、それぞれ以下のようなメリットがあります。

『情報の電子化』
 (a)省資源
 (b)省スペース
 (c)検索時間の短縮
 (d)国民への説明能力の向上
 これまで紙によってやりとりされていた図面や文書、計算書などの資料を、標準化されたフォーマットで電子化して保存することによって、保管スペースが削減され、かつ検索が簡易・短時間で可能となります。

『通信ネットワークの利用』
 (a)移動コストの削減
 (b)現場作業の安全性向上
 (c)住民情報サービス向上
 (d)防災・維持管理
 高速な通信ネットワークを介して、電子化されたデータをやりとりする事により、短時間でどことでも情報の交換が可能となり、より迅速な業務の執行が可能となります。

『情報の共有化』
 (a)コスト縮減
 (b)品質の向上
 (c)社会資本の有効活用
 (d)官民技術レベルの向上
 情報利用者が、一元的に管理されているデータを使用することによって、常に最新で、かつ間違いのない情報の利用が可能となり、情報の行き違いや伝達ミスがなくなります。

NPO法人CALSネット熊本/〒862-0962/熊本市田迎3丁目11-61ツカサ創研ビル3F/TEL:096-334-4123/FAX:096-334-4124/Email:info@cals.or.jp/Copyright 2006 CALSネット熊本 All Rights reserved お問い合わせ